.
生活

超お買い得!シルバニアファミリーの福袋を全公開

シルバニアデビューを果たして1ヶ月の新人です。

小さな部屋と1体のウサちゃんからスタート、今ではお仲間が10人以上に増え、3階建の家にグレードアップしました。

1人で始めた会社が大きくなっていくような感覚です。こうやってコレクターたちが勢いを出していくのでしょう。

この記事では新人が一気にお仲間を増やした理由、シルバニア福福のお買い得感について書かせていただきます。

シルバニアにも福袋があった!

家族、恋人、家、車・・・まるで人間のように増えていく、もっと!もっと!な物欲。

最初はウサちゃん一人で満足していたのに、『この子に家族を!友達を!』

友達が増えると、『部屋が狭い!車で出かけたい!』『パン屋さんセットも欲しい!』次から次へと止まらぬ欲望。

実生活ではポンと家を買ったり車を買ったりはできないが、わりと簡単に生活が豊かになるシルバニア界・・・。

これは人間の欲を可愛く投影させた世界なのでは・・・と思うような、リアルな作り。本当によくできておる・・・。

35周年という歴史を持ち、世界でも販売されているだけあって商品の種類は豊富!

巨大な国力と在庫を持つからこそ生み出せる『福袋』が存在していました。私が購入した時は6000円でしたが、先行発売は何と5000円。

素人でもパッと見で『こりゃ凄い!!』と叫びたくなるほどのお買い得な中身なのです。

人気のない余り物を詰め込んだ風ではなく、新人の私には『欲しかったやつです!』という品がモリモリ詰められていましたよー。

『夏のわくわくセット』気になる中身とは・・・

2020年バージョン・3種類ありまして、購入したのは『アイス』でーす。

欲しかったお姉さん人形や、男子の人形も!何よりも車に家がついているのがアツすぎて泣ける・・・。

↑買った福袋の中身はコレ。中身が全公開されています。昭和の福袋のように、開けて仰天!がない親切設計。

 

↑軽い・・・。コンパクトに届きました。ここにワクワクが詰まっています。

 

↑私的には目玉商品、移動販売車。コロナな世になってからは、街中で見かける数もグッと増えましたわ〜。ホットドッグのソーセージが取り外しでき、すぐに失くします(涙)小さすぎる部品が愛おしくも、片付けが大変。

 

↑主人公ウサちゃんの別宅子供部屋です。シルバニアの販促DVDにも繰り返し出てきた、メジャースポット。

 

↑一気に人口が増えましたー!お洒落なお姉さんから赤ちゃんまで、新人はなかなか買わない人種なのでキャラかぶりなし。

街ができた!

全て箱から出してシールを貼り貼り(←まぁまぁ面倒な作業)、一気に賑やかになりましたよー!

↑トーマスたちは無関係ですが、小さな街ができました♪後に二つの部屋は合体し、三階建てに変身します。省スペースに。

 

あぁ、社員一人だった会社も支店も増えて賑わってきた〜感慨深い。まるで経営者気分、シミュレーションゲームのようです。

自分の中ではシルバニア収集はこの板↑に乗りきるだけに抑えておこう・・・という謎の制約を設けています。そもそも遊ぶのは息子だし。

・・・と、申しますのも奥が深すぎる世界故に、コレクションにキリがないのです。

先日、シルバニア35周年のイベント(@東京スカイツリーソラマチ)に出かけてきました。見てください、この圧倒的スケールをー!(※イベントは10月4日で終了)

↑もはや城下町・・・!これもほんの一部を切り取っただけという、とんでもないスケール。実際の展示は10倍ほどあったのでは。

 

↑あぁ・・・色んなものを合体させて、ショッピングモールまでできているー!芸が細かい・・・!

 

↑なかなかの密です。よくよく全体を見てみると、同じ人物があちこちで配置されているというドッペルゲンガー現象も。人形の種類が足りないほどの広さです。

 

このコーナーに30分は張り付いていましたね・・・我が息子。誰よりも長くウロウロしていたんじゃ^^;シルバニア好きなのはよくわかりました。

余談ですがこちらのイベントで福引を引いたら、幼稚園バスとピアニストの人形(&ピアノ)というニッチな商品を引き当てました♪

↑やはり福袋や福引と相性がいい!?マイナー商品。これまた新人が手出ししにくい、本格派ですわ。

 

私が子どもの頃にはこんな立派な人形↑はいなかったはず。進化に進化を遂げて、種類も豊富に。

今後も節目・節目に福袋やら限定商品やらくじ引きやらに遭遇するのでしょう。これ以上増えたら、置き場所が・・・!!しかし買わない自信がない^^;

奥深きバニア界、またまだ続きそうです。