.
母の生活

これはハマりそう・・・苦痛でしかないサウナから得た、最強の効果とは

最近、サウナ好きを公言する芸能人をよく見かける。

とんでもなく愛しているようで熱いプレゼンをかましてくるが、全く響かない私。

サウナなんて、灼熱地獄に閉じ込められての我慢大会だ。苦痛以外の何者でもなく、1分1秒が長い。

見かけると興味本位で入ってみることもあるが、やはり1分と持たないヘタレである。

・・・そんな私が突然サウナ活動に目覚め、意識高い期は週7通うほどになったので、自分でも驚き!

キッカケは同じマンションに住む友からの一言・・・。

私がホットヨガに通い出したと言うと、私も行こうかな!と乗ってきた彼女。

『でもスケジュール的に難しいんだよな。汗出したい、汗出したい・・・あっ!サウナがあるじゃない!!』

すっかり忘れていたが、徒歩圏内にサウナ施設がある。

確かにホットヨガもサウナも『汗を出したい!』というスローガンは同じ。

なんでも彼女、独身時代はサウナに通い詰めていたようで、誰よりも長く入ってやる・・・!という謎の試練を己に課し、苦痛の限界まで耐えていたという。(良い子は真似しちゃいかん)

こりゃ食わず嫌いせずにもう一度、サウナの門を叩いてみるか・・・。違う世界が見えるかもしれない。

ウズウズしてさっそく当日、サウナへ飛び込んだ私。

知ってはいたが、やはり安定の灼熱地獄。気を紛らわすものは何もない・・・。向き合うのは己の精神のみ。

熱い・・・熱い・・・他に考えが浮かばぬ。拷問である。

もしここに閉じ込められたら?どれくらい生き延びることができるかな・・・妄想が始まる、暇だからだ。

もし息子と一緒に閉じ込められたら?目の前で燃えたぎるサウナストーンをタオルで包んで、ガラスを割るしかない・・・!大火傷だが、生き残らねばならぬ。

そうしているうちに3分経過。たった3分だが、自分にとっての限界の向こう側へいけた。満足!

こりゃ精神と時の部屋に等しい。かなり強くなって出てきたぞ。

それにしても他の女性客は一体、何を考えながらあの部屋に留まっているのか。

立ち振る舞いからして常連に間違いなく、堂々としている。戦闘力も高そうで憧れた。

風呂に入っていると、マンションのお隣さんが脱衣所から入ってくるのが見える。

いつもビシッとメイクして高そうな服を着た、カッコいい女性(推定50代)なのだ。

スッピン&裸体となっていく姿の彼女に、声をかけるのも悪いよなぁ・・・。遠くから見守る私。そもそも私こそ、誰だか気付かれない姿だな。

意を決してもう一度、精神と時の部屋へ入る。

今回は思ったほど辛くはなく、またしょうもない妄想をしていたら5分ほど経過。

今日は初日、これぐらいにしといてやろう。ひとまず友人に報告、さっそくサウナ行ってきたぞ。

『羨ましい!!何分入った!?』

3分に5分の2セットで限界を迎えた。

『初回だし、十分よ!私はアホみたいに、12分✖️3セットとかやってたわ・・・』

ええっ!変態だ!12分を3セットなんて、ドMじゃなきゃできない。というか12分が無理。

『思えばサウナ信者の時、ひどい恋愛をしていたから、そこで考え事をしていたの(笑)』

なるほど・・・!心を慰めるためのサウナなのね。思えば私もひどい恋愛時、岩盤浴にばかり行っていたな。

汗を出す原理は同じだが、最も体にムチ打つサウナを選んだか、友よ。根性のある女だとは思っていたが、選ぶ施設から差が出ていたわ。

思えばこれまで、周りにサウナ愛好家がほぼいなかった。唯一の存在が、職場にいた中年男性のみ。

彼は健康を害するほど肥満しており、清潔感に欠く姿をしていたのだが、サウナに毎日通ってることは知っていた。

何でもスッキリするのだと・・・。

どこがスッキリできたのか全く外側からは判断できず、コッテリしたオッサンの社交場なイメージになっていたサウナ。

約20年の時を経て、まさか自分が彼のあとを追っていくとは・・・そして彼の気持ちが少しわかった。

ストレスレベルが何だか下がっている・・・!

喜怒哀楽でいうと『怒』と『哀』のパートが圧倒的に薄まっている、間違いなく。

エビデンス?そんなものはない。プラシーボ効果でも何でもいい、これは岩盤浴のときに感じた癒しに近しい。

夫がテレワークになった今がチャンス、サウナ活動させて頂こうではないか。

〜続く