.
母の生活

【カルディ】SNSで話題「ぬって焼いたらカレーパン」を食べてみた

塗るカレーパン

KALDIとはドラクエのダンジョンのような複雑さで、全貌を把握しきれていません。これまでも、そしてこれからも・・・。

そんなこんなで、私の情報源はカルディマスターのママ友と、SNSに頼りきっております。

人のお勧めに乗っかり続け、自分だけの名作を見つける作戦です。

この記事では実際に食べてみたものを、記録的につけていくことにします。

ぬって焼いたらカレーパン

その名の通り、パンに塗って焼く⇨カレーパン味になるという品です。『1人2個まで』とポップが出るほどの人気商品。

ならば最初からカレーパンを買ってくれ!というのはナシで、まっさらなパンがどこまで近づけるのかを検証します。

液が垂れると発火する恐れがあるので、皿に乗せて焼いてくれ・・・とのこと。燃え上がる系の油が含まれているのね。

駄菓子の『ヨーグル』を彷彿させる、フワっとした感触のクリームです。こんな贅沢に塗っていいのか!と懐かしい気分に。

我が家はトースターがないので、魚焼きグリルでプレートを敷いて作成〜。

created by Rinker
高木金属(Takagi-metal)
¥1,055
(2021/10/22 05:56:32時点 Amazon調べ-詳細)

ぬって焼いたらカレーパンを食パンに塗って焼く

 

 

 

 

 

 

味は見事にカレーパンに擬態しています!カレーパンの皮の部分とでもいうのか、シャリシャリしたあの感覚。食パン出身とは思えないほどの変身です。

本家のカレーパンの迫力と比べてはなりません。カレーパン味のクリームというポジションならば120点の仕事をしてくれるヤツです。

チーズやツナを乗せても最高な予感!カレーには包容力がある。

しかし本物のカレーパンがたやすく手に入る現代、わざわざ食パンに無理させなくてもいいんじゃないか・・・とも思う^^;