.
半日

映画・『ざんねんないきもの事典』をみてきた感想

映画『ざんねんないきもの事典』を見てきました。

原作は読んだことなかったですが、大ヒットしていた絵本のはず。

感想・動物の世界はシビア・・子離れ早すぎる!

映画は全部で3つのショートストーリーから成り、どれもこれも子どもたちの自立が早いのです。

ある日突然、『あんたは今から1人で、生きていく木を見つけないさい』だの、『この森から出ておいき』だの、強制的に追放されます。

それも獰猛な肉食獣ではなく、コアラやウサギなどの可愛らしい系が。

『赤ちゃんが生まれたから、出て行きなさい』と言われたコアラの子なんて、人間でいったら小学生くらいなんじゃ・・・という幼さですよ。

隣に座っている息子(5)を、独り立ちさせるべく家から追い出すようなものか。

いくら寿命が違うとはいえ、大人になるのが早すぎる・・・。

実家パラサイトやら、8050問題なんて、人間だけなんだな〜。

こちら楽で呑気な人間で申し訳ない・・・!

声優陣が豪華だったのね〜

家に帰ってからおさらいをしてみたら・・・声優陣にびっくり。

鬼滅からは炭治郎の花江夏樹さん(リロイ役)、煉獄さん弟の榎木淳弥さん(ジェイソン)、善逸の下野紘さん(ウサギ先輩)。

懐かしの幽遊白書・戸愚呂弟の玄田哲章さん(ディプロ)に。

芸人の方々からは椿鬼奴さん、トレンディエンジェル斉藤さん、ミキの昴生さんなど。

最近までアニメ見ていたのに、全く気づかなかった・・・^^;

この有り難みを知った上で、もう1回観に行きたい。

最近こんなのばっかりですわ。下調べ重要。

名言①内面を見てほしい

ペンギンの世界では、たくさん石を集めた男がキャーキャーされてました。

人間だって羊を多く所有しているとモテる地域があるから、石バージョンもあるのだろうな。

そんな上っ面なところじゃなくて内面を見てくれ!と呟いてましたわ。

まずは石を集めないと、内面を見てもらえない・・・まるで婚活!

名言②『逃げるのは生き延びること』

『ぼくは逃げるしか脳がない・・・』

とションボリするキャラクターに、逃げることができなかったから死んでしまったキャラが慰めるシーンです。

生き延びるって大事!!

逃げるではなく、戦略的撤退じゃ〜。

名言③『ダメ元で聞いたら1社くらいOKのところがある』

シャチがスマホを持っていて、『シャチがそんなの持てるんか!?』と驚かれての、このセリフ。

まるでめげない営業マン。きっと棒グラフも長いはず。

ゆるくてチャラいキャラでしたが、水面化の努力が伺える一言。

何も苦労してないように見えても、その状況を作り上げたのは本人だったのね・・・。

ざんねんないきもの事典映画について

ざんねんないきもの事典

アニメーション制作はTVアニメ『ざんねんないきもの事典』『映画 すみっコぐらし』などキャラクター系アニメの話題作を続々ぞくぞくと手掛けるファンワークスが務つとめます。

声優の花江夏樹、内田真礼、下野紘が主要キャラクターを務つとめるほか、ナビゲーターにムロツヨシ、伊藤沙莉を迎むかえて物語を紡つむいでゆきます。

①オーストラリア編「リロイのホームツリー」
監督:イワタナオミ
脚本:加藤陽一

②南極編「ペンたび」
監督・脚本:ウチヤマユウジ

③日本編「はちあわせの森」
監督:由水桂
脚本:細川徹

原作:「ざんねんないきもの事典」シリーズ(高橋書店)
監修:今泉忠明

まとめ

大人目線だと2話めのペンギン物語が、シュールで面白かったです。(全キャラの声を、同じ方がやっていたのだと知りビックリ!天才です)

が、子どもには難しいかも!?

『お茶の水の立体交差じゃないんだから!』みたいなセリフで鉄ヲタの息子が笑ってましたが、会話の意味はわかっていたのだろうか・・・^^;

この後、絵本のほうも読み始めました〜。

『ざんねん』というよりは、(愛を込めて)動物の特徴という意味だったのね!

一つ一つのエピソードが面白いですが、本を閉じた瞬間に全て忘れてしまう・・・!

それぐらいのユルさです。寝る間にピッタリ。