.
生活

【体験レポ】うんこミュージアム@お台場でストレス解消できた件

気になっていたのですよー。『うんこミュージアム』なるものが存在していまして・・・!

しかし横浜か・・・ならばメジャーなアンパンマンミュージアムに行きたいが、地味にうんこも気になる。

幸いにも願いは通じ、あちらから東京にやってきてくれましたー!(@お台場)しかも一年以上前からいたのに、全く気付かなかったという・・・^^;完全にアンテナが鈍っています。

ちなみに母娘共々レースとフリルで可愛いママ友を誘ってみたところ、『うんこって言い出したら困るから・・・』とアッサリ断られました。なるほど、娘を持つとそのような懸念があるのかー!

そんなこんなで、男子の母と行ってきました。何でもどんとこーい。この記事では、憧れのうんこミュージアムをご紹介します。

うんこミュージアムとは

その名の通りでございます。うんこアートが盛り沢山!

入場料を払ったとき、『お釣りは200うんこでーす!』と聞こえた気がしましたが、コロナな世のため全員マスク。あれは幻聴なのか・・・答えはまだわかっていません。

しかし入場のとき『行ってらっしゃいうんこー!』と聞こえたので、自信は確信に変わりました。言語を統一している模様。

まずは全員、カラフル便座に座るように促されます。ありそうでなかった、色付き便座。まるでショールームのよう。

スタッフの号令で何やら爽やかな音楽が流れまして・・・立ち上がると便座の中にお土産が!!

こちら、カラフルうんこをいただきました〜♪棒付きです。ここに来たという証を手に入れました。

こんなのを配ってしまったら、お土産ショップの売り上げが落ちるんじゃないか・・・と心配になるほど、うんこミュージアム感あるグッズです。

インスタ映えと呼ばれるうんこスポット

パンフレットは近未来を感じるのに、私が写真を撮ると何だか様子が違うな・・・。もっさりしてます。

子どもたちは楽しい、ボールプールになっている巨大うんオブジェ。ちびっこのオアシスとなっていました。

時々噴火しまして、頂上からうんこの形をしたスポンジが吹き出します。

他にもアートが盛り沢山。一見、ラデュレと見まごうようなアフタヌーンティセットがあったり・・・。(すまん、ラデュレ)

↑美味しそうかどうかを決めるのは『形』ではなく『色』だな、ぱっと見はとてもうんこに見えない!

 

↑カップルで記念写真を撮れるスポットあり。

 

↑どう扱っていいのかわからない、空飛ぶうんこアートは『意味の世界からの解放』とのこと、深く考えてはいかんのです。

 

↑『クソゲーセンター』が設置されており、昭和情緒溢れるゲームが楽しめます。クソゲーに限って思い出に残るのよ〜。

 

ストレス解消スポットも!

ミュージアムに入った時から、誰かの絶叫が聞こえるなぁ・・・と思ったら、答えがありました。『うんこシャウト』というコーナーです。

↑『全力で「うんこ」と叫んだことはありますか?ないなら、今がその時、大きな声で特大うんこを作りましょう』

 

これかー!マイクも用意されているし、思いきり叫んでくださいということです。

看板をよくよく読んでみると、確かに経験がないよな・・・全力で『うんこ』と叫んだことなど。つい真剣に考えてしまった。

まだまだ未体験のことも多い人生、ここに来たことで新たな自分に生まれかわろうじゃないか。

実は最近、大声を出して叫びたかったのですよ。ネット検索したら声を吸収するツボを発見し、本気で買おうとした私!疲れていたようですわ^^;

ツボよりもリアルがよいさ〜マスクをしながらでも大音量のうんこシャウトを叩き出し、何だかスッキリ♪大声を出すって大事なのね。

しかしボイストレーニングをしていない素人が絶叫を繰り返すとどうなるか?はい、喉を痛めました・・・^^;弱いー。

マヌカハニーでも舐めて寝ようと思います。友人は翌日まで喉の痛みを訴えておりまして、遊ぶにも命がけのアラフォーです。

ストレス多き時代のせいか、シャウトコーナーは大人に人気でしたね。みんな自分の殻から脱皮したいんだな・・・。

ある意味、今の時期にピッタリでは。人々の鬱憤を解消してくれるうんこミュージアムで、世の中が少しでも明るくなればいいなぁ。

うんこで笑える大人でいたい

話はそれますが、過去に大ヒットした『うんこドリル』をご存知でしょうか?全例文に『うんこ』を入れ込んだ漢字ドリルです。

立ち読みで声出して笑った本なんて、後にも先にも、これだけなのでは・・・^^;

created by Rinker
文響社
¥1,078
(2020/10/22 12:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

何かで落ち込んでいた時期でしたが、うんこドリルで爆笑する私を見て、『・・・そ、そんなに元気になるなら、買ってあげるよ』と友が買ってくれました。(涙)

・・・以降、『うんこ』で笑えるうちはまだ大丈夫!という謎の指標が出来上がります。

しょうもないことにすら笑えなくなったら、心のSOSサイン。然るべき方法にて、己を癒す時なのです。

まずはうんこドリルで親近感を抱いてから、うんこミュージアムへGO!が黄金コースですわ。

うんこミュージアムは東京お台場にて、期間未定で開催中です。